認知症のサイン、受診のタイミングとは

家族が認知症になってしまったら、「次々と生活に支障が出てきて、本人も家族もとても大変なのでは」と、辛い方向のみに考えてしまう人がほとんどではないでしょうか。
ですが、認知症は、早期に発見して早めに投薬などの治療を開始すれば、ほぼ確実に症状をおさえることができますよ。
患者自身の気持ちが安定し、家族の理解の中で生活できれば、認知症とも上手につきあっていくことができるかもしれません。
 家族が、早期に認知症に気づくためには、そのサインを認識しなくてはなりません。
初期の段階で、かかりつけ医師などが見分けるのは非常に難しく、むしろ家族の方が気づく可能性が高いといえます。
同じことを何回も言う、探し物が多くなる、いつもの道順がわからなくなるなど、「いつもと何か違う」という不自然さを感じたら、とりあえず認知症を疑ってみることが大切ですね。
気になる家族の状態をメモしておくことは受診の際に役にたつのでおすすめですよ。
認知症治療には、家族と医師との連携がとても大切です。